植物育成

雨と花のコラボレーションを楽しむ

梅雨に咲く花の種類

苗

梅雨を代表する花「アジサイ」

やはり梅雨と言えばアジサイになります。アジサイは水に強く、直射日光が苦手なのでまさに梅雨の時期に合っている花になります。薄暗い天気に似合う濃い青の花を咲かせて独特の雰囲気を出します。

花の女王とも言える「バラ」

バラと言えば、誰もがその花を想像することが出来るほど有名な花です。また、バラはアジサイ同様に梅雨の時期にも咲く花になっているので、ジメジメした季節をバラの花で彩ってみましょう。

観賞用の秋の七草「ムクゲ」

ムクゲは古くから鑑賞される秋の七草として好まれています。ムクゲはハイビスカスに似た大きな花をつけて存在感を出してくれます。アジサイと共に育てると壮大な景色になるでしょう。

多年草として知られる「ハナブショウ」

ハナブショウは梅雨が始まる6月から開花します。花の色も、アジサイに似た群青のような色合いになっているので、一緒に育てても違和感なく鑑賞できます。小柄な花は見る人の心を癒してくれるでしょう。

世界の香木として人気の「クチナシ」

クチナシはキンモクセイやチンチョウゲに並ぶ香木として世界的に有名です。梅雨から夏の終わりにかけて白く可憐な花を咲かせ、雨の香りと共にクチナシの匂いを満喫出来ます。

色彩の変化と季節との関わり

アジサイの持つ花言葉で移り気というのがありますが、花の色が変化するという理由と梅雨の季節から夏場にかけて咲くため季節の移り変わりを意味しているのです。まさに、アジサイにピッタリですね。

アジサイの魅力を惜しみなく紹介します

庭

いつまでもアジサイを愛でる方法

アジサイの花をいつまでも眺めていたいと思う方も多いでしょう。なるべく花の寿命を伸ばし、可能な限り花を楽しめる方法がればいいと思いませんか?実はそういった方法があるんです。

READ MORE
ブルーベリー

枯れそうなアジサイを活用する

もうすぐジメジメした季節が終わり、夏本番を迎える時にはアジサイは枯れ始めます。枯れ始めたアジサイを有効に活用する方法があり、夏の時季を利用することでより効果的に行えるのです。

READ MORE
苗

アジサイだけが梅雨のイメージじゃない

梅雨と言えばアジサイ。これは一般的に浸透しているイメージになりますが、アジサイだけが梅雨の花ではないのです。梅雨を彩る他の花を知るともっと梅雨が楽しくなりますよ。

READ MORE

花言葉は地域によって変わる

花言葉は日本だけのものではありません。また各地域によって花言葉の意味が変わってきます。アジサイでは移り気や辛抱強さという意味がありますが、海外では元気な女性や一家団欒という意味を持っています。

広告募集中